【第7回】中古ドメインを使った商標サイト作りのメリット・デメリット

投稿日:

中古ドメインを使った商標サイト作りでわかった【デメリット】と【メリット】を順にお話します。

【デメリット】

  • サイトの順位が安定しない
  • 継続にはコストがかかる
  • 案件停止=サイト停止

サイトの順位が安定しない

「サイト飛んだ!」「戻ってきた!」とか一度はどこかで見たことがあるかもしれません。

中古ドメインサイトの順位ってほんと安定しません。毎日ガックンガックン。

「じゃあ新規ドメインで商標サイト作れば安定するのか?」というと、そうでもないんです。

実際、新規ドメインで作ったサイトも順位は毎日変動します。

中古ドメインは新規に比べて振れ幅が大きい傾向にあるのでデメリットとしました。

継続にはコストがかかる

「コスト = お金・時間・手間」とすると、中古ドメインサイトの作成と維持は高コストになりがちです。

  • ドメイン選定コスト・・・良い中古ドメインを選ぶ目を鍛える必要があります。100個300個500個…1,000個以上? 数をこなせば良いドメインを掘り出せるようになるかもしれませんが、手間と時間はかかります
  • ドメイン購入コスト・・・自分で選ぶ自信も時間もなければ中古ドメイン販売会社から購入するのが近道です。手間と時間は省かれますが、その分ドメイン代に上乗せされます
  • サイト維持コスト・・・IPを分散させるならIP分散サービスの契約代がかかります。複数の無料サーバーを使う手もありますが、使い勝手が異なる管理画面それぞれに慣れる必要あり

案件停止 = サイト停止

商標サイトは案件ありきで作ります。扱っている商品が何らかの事情でアフィリエイト停止になることもしばしば。

僕も実際、作ったサイトが「商品名+口コミ」で1位を取った次の日に案件が停止した経験をしました。がっくし…

 

よめ徳寺
他には?
豪徳寺
問い合わせページ経由でスパムメールがガンガン届きます…

【メリット】

  • 検索結果1ページ目に入る体験を比較的短期間で得られる
  • 3ヶ月前後で初発生する可能性が新規ドメインよりも高い
  • クローズドASPから問い合わせがくる

検索結果1ページ目に入る体験を比較的短期間で得られる

中古ドメインを使う1番のメリットはこれです。公開したらいきなり3位ってこともありました。(もちろん、案件の人気度・他サイトの強弱など要因はあります)

サイト構造や記事設計がテキトーでも初登場20位とか。目的の一つがクリック率やコンバージョン率の検証だったので、1~2ページ目にすんなり入ってくれると助かります。

3ヶ月前後で初発生する可能性が新規ドメインよりも高い

僕のサイトの最短記録は公開4日目で発生です。「中古ドメインが(たまたま)強かった & 売れる記事の構成を実験したサイト」だったのでうれしかったのを覚えています。

6ヶ月くらいかけてジワジワ上がる新規ドメインサイトに比べると、中古ドメインで作ったサイトの上がり方は明らかに早いと実感しました。

クローズドASPから問い合わせがくる

これ、中古ドメイン商標サイト作りをやってわかったメリットです。3ヶ月間で4つのASPから問い合わせがきました。

そのうちの1つとは今でもお付き合いがあります。担当さんもついたので人気案件を聞いたり、お得情報を教えてもらったりしてサイト作りに活かしています。

 

よめ徳寺
よかったね
豪徳寺
とてもマメな担当さんです

【今】現在の豪徳寺ならどうするか

デメリットを覆すほどのメリットが中古ドメインにはあると思います。飛んだサイトを戻す方法も、もうちょっとやれば確立できそうな感じです。

でも今後、中古ドメインをメインサイトにすることはないでしょう。

今は別の視点を手に入れたので中古ドメインを使った商標サイト作りは卒業です。

よめ徳寺
学びのある3ヶ月でしたか?
豪徳寺
はい、コレ ↓ に気づけたのが一番の収穫です

↓ 次の記事はこちら ↓

【おわりに】ツール・セオリー・ノウハウを豪徳寺が再定義するとこうなる

 

Copyright© 豪徳寺の失敗を横目にアフィリエイト初心者が月3~5万円稼ぐ商標サイトの作り方 , 2019 All Rights Reserved.