【第6回】中古ドメインリンクの貼り方 ~5W1Hの視点から~

投稿日:

「中古ドメインから新規ドメインへリンクを貼るのが最も効果的だ」ということはわかりました。

次に「いつ・どこから・だれが・なにを・なぜ・どのように」リンクを打てばいいのかという疑問がわいてきます。

これもまた全部試してみました。5W1Hの視点から検証した結果をご覧ください。

「いつ(When)、どこから(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」リンクを打てばいいのか

  • いつ(When)・・・サイト公開したらすぐ?それとも一定間隔で継続する?
  • どこから(Where)・・・同じサーバーから?  IP分散サーバーから? 無料サーバーから? 無料ブログから?
  • だれが(Who)・・・豪徳寺が。自分で作ったサイトへ自分で作ったサイトから。なので詳細は省略
  • なにを(What)・・・リンクを。以下の「どのように」と似ているのでまとめます
  • なぜ(Why)・・・上げたいサイトを上げるため。強いドメインからリンクをもらっているサイトは上位表示しやすい(と言われている)から。しょーりゃく
  • どのように(How)・・・アンカーテキストをどうするか。「こちら」?「URL」?

前提条件

リンクを「貼る側」と「貼られる側」の同一ドメイン率について「どの辺りまでなら耐えられるか?」を考えました。

参考にしたのは中古ドメイン販売屋さん。ここで売られているドメインのIP分散率に注目です。

中古ドメイン販売屋さんのドメイン一覧で「価格の高い順」にソートをかけて上から順番にチェック。

「価格が高い = 強いドメイン」と仮定し、「1万円、5,000円、3,000円、1,000円台で区切った時、IP分散率に明確な違いはあるか?」を見ました。

その結果、はっきりした違いなし!

よめ徳寺
おいっ
豪徳寺
IP分散率は指標になるのかなぁ…

結局、感覚値になりますが80%くらいなら安全かな? と。

同一IPからリンクをもらってる率20%以下なら大ハズレじゃないだろうと仮定します。

図にすると、こう ↓

リンクを貼られる側

  • A1は5本のリンクをもらっています
  • 内訳はA2~A6サイトから各1本ずつで合計5本

リンクを貼る側

  • A2には全部で5本の発リンクがあります
  • A1へ1本、A7へ1本、A8へ1本…A10へ1本で合計5本
  • A3~A6もA2に同じ
よめ徳寺
ちょっと何言ってるかわかりません
豪徳寺
リンクを「貼る側」も「貼られる側」も「同一ドメイン率は20%」で「本数は5本」ってことです

「いつ(When)、どこから(Where)、どのように(How)」の3つ、やってみた

いつ(When)

サイトを作成し、

  1. 公開直後に5本一気にリンクを貼るパターン
  2. 1週間に1本ずつ、計5週かけて貼るパターン

の2つをやりました。

どこから(Where)

「メインサイトと同じサーバーにある別サイト(所有者は同じ)からリンク貼ったらマズイのでは?」って思うじゃないですか。

やったらどうなるか試したかったので、

  1. 僕が使っているサーバー(エックスサーバー)の同一アカウント内にあるサイトからリンクを貼る
  2.  XREA(エクスリア)などの無料サーバーからリンクを貼る

の2パターンやってみました。

どのように(How)

アンカーテキストはどうしたの?

たとえば、新規日本語ドメインで「商品名の口コミ どっと com」を取得したとします。

このサイトに対して、

  1. 「商品名のみ」
  2. 「商品名 口コミ」
  3. 「商品名 効果」
  4. 「ピュニコード」
  5. 「日本語URL」

の5種類のアンカーテキストで貼ってみました。

結論

ようわからん!

よめ徳寺
おいっおいっ!
豪徳寺
中古ドメインって変数が多すぎなのよ…

確かにね、上記のやり方でリンクを貼られたサイトで上がったのありますよ。(下がったのもある)

もし、

「このサイトが上がった(下がった)理由を述べよ」と問われたら「明確な理由はわかりません」としか答えられない

んです。

あと、やってる途中で気づいたんですが、リンクを「貼る側」も「貼られる側」も「同一ドメイン率は20%」で「本数は5本」ってチョー不自然じゃない? と…

よめ徳寺
なのに上がったのもある
豪徳寺
そう、そこです

【今】現在の豪徳寺ならどうするか

中古ドメインのリンクの貼り方に関しては、これ以上深入りしません。

僕たちの銀行口座に報酬が振り込まれるまでには「クリアーしなきゃいけないハードル」が主に3つあると考えてます。

  • 上位表示率・・・これを高めたいために中古ドメインを使うのですが…
  • 購入率・・・セオリーに沿ったサイトを作っていれば上げられるのでOK
  • 承認率・・・コントロールは不可能?

一番下の土台である「上位表示率」をなんとかする目的もあり、100本ノックでは中古ドメインを利用しました。

よめ徳寺
中古ドメイン使わなきゃいいじゃん
豪徳寺
デメリットだけじゃないんだなぁ…

↓ 次の記事はこちら ↓

【第7回】中古ドメインを使った商標サイト作りのメリット・デメリット

 

Copyright© 商標サイトの作り方 | アフィリエイト初心者が月3~5万円稼ぐまで , 2020 All Rights Reserved.