【第5回】「中古ドメイン リンク」という情報から考えた仮説と検証結果

投稿日:

中古ドメイン情報についてネットで調べていると、どうやら「中古ドメインを使ってリンクをホニャララすると良いらしい」ってことがわかります。

「中古ドメイン リンク」という情報を見て、あなたならどう考えますか?

「から」と「へ」

僕がノートに書いたのがこの図。

「中古から中古へ」が重複してるので、実際の打ち手は3つ。

つまり、

  1. 中古ドメインから新規ドメインへリンク
  2. 中古ドメインから中古ドメインへリンク
  3. 新規ドメインから中古ドメインへリンク

3. 「新規から中古へ」は意味ナシと判断しました。

なので、

  1. 中古ドメインから新規ドメインへ
  2. 中古ドメインから中古ドメインへ

の2パターンです。

よめ徳寺
どっちがいいの?
豪徳寺
やってみればわかります

というわけで全部やってみた

以前の記事(【第3回】商標サイトで狙うキーワードは? 定番の「商品名+口コミ、効果」以外も挑戦)で紹介した100本ノックのサイト群。

A2~A6サイトはすべて中古ドメインで作成し、A1を中古と新規で作れば2パターンどちらも検証できます。

結果

中古ドメイン「から」新規ドメイン「へ」リンクを貼ったパターンが最も安定しました。

現在も飛ぶことなく1~2ページ目をウロウロしながら稼いでくれてます。

よめ徳寺
「中古から中古へ」じゃダメなの?
豪徳寺
ダメというより「運の影響度が大きすぎる」のだ

中古ドメインはすでに複数本のリンクをもらっています。

リンク元サイトの

  • 運用年数
  • ドメインオーソリティ
  • ページオーソリティ
  • コンテンツの質
  • リンクが今も存在するか

などなど、ドメインの強さを決める要素ってた~くさんあるんですよね。

ただ残念なことに、

ドメイン強弱と要素の間に明確な「因果関係」がない。

あるのは「相関関係」、中古ドメインで作ったサイトが上位表示したのは「単なる偶然」の可能性が高い。

中古ドメインから中古ドメインへリンクを貼る、

つまり「単なる偶然」と「単なる偶然」を掛けあわせて「安定化」という解が得られるだろうか、いや得られまい。

というのが100本ノックをやって出した結論です。

【今】現在の豪徳寺ならどうするか

新規ドメインでサイトを作り、中古ドメインからリンクを送ります。

以下の条件つきで。

  • 新規ドメインサイトはセオリー通りに作る
  • 「上がったらラッキー」くらいの軽い気持ちで中古ドメインからリンクを貼る

 

よめ徳寺
どうやって貼るの?
豪徳寺
次の記事で解説します

↓ 次の記事はこちら ↓

【第6回】中古ドメインリンクの貼り方 ~5W1Hの視点から~

 

Copyright© 商標サイトの作り方 | アフィリエイト初心者が月3~5万円稼ぐまで , 2020 All Rights Reserved.